気になる頬の筋肉はエラ削りですっきり解決|新しい自分に変わろう

継続して施術を受ける

ウーマン

小顔の効果を保つために、定期的にボトックスやボツリヌストキシンを用いたエラ削りを行なうことがあります。その際に注意しておきたいのが、施術を受ける期間の間隔です。心配症の人は3ヶ月といったハイペースで受ける人もいますが、一般的にボトックスやボツリヌストキシンは半年くらい効果が持続するといわれています。注射を用いたエラ削りの副作用として筋肉萎縮が挙げられるので、これらのリスクを抑えるためにも半年くらい空けておいた方が望ましいでしょう。また、再度施術を受けるという場合は、どこでケアを受けるのかを考えておく必要があります。以前施術を受けた医院ならば、その際の流れを把握しているため、それを踏まえたエラ削りを進めてくれます。トラブルを最小限にするためにも同じところへ相談することは重要になってくるでしょう。

再びエラ削りの施術を受ける場合でも、新たな成分を注入した際の効果については、従来と同じように1~2週間必要であるといわれています。完全にボトックスやボツリヌストキシンの効果が薄れてしまう前に受けておきたいところです。なお、プチ整形の範囲に入るくらいリーズナブルということでも注目されています。手に届きやすい施術プランであるからこそ、これからも利用する人は増えていくでしょう。また、アフターケアもあればフェイスラインのバランスがしっかり整っているかどうかも見ながら、再施術をしたり、ケアをしてくれたりします。条件として保証付きプランに加入することが挙げられるため、とことん理想の仕上がりを求めたいという場合に注目しておきたいところです。

話題のエラ削りですが、ボトックスやボツリヌストキシンのような注射を定期的に受けることが面倒という場合はメスを用いた施術を選ぶという手もあります。なお、筋肉ではなく骨が原因でフェイスラインが張っている場合が挙げられます。骨自体を削る対応になるので、再び顔が大きくなってしまう心配がありません。しかし、高度な技術が必要になってくるので、これらの実績が豊富な医師を見つけておくことが大切なポイントであるといえます。ネットでは体験談も紹介されているため、そこから信頼できる美容外科を見つけるきっかけが得られるでしょう。地域によっても展開されている美容外科や得意としている施術に違いがあるので、それに合わせて情報収集を進めておきたいところです。また、年齢や体質によっても施術を受けることが可能かどうかが関係してくるので、その際にも医師にじっくり話を進めておくことが重要なポイントであるといえます。